◇小説

□喧嘩するほど仲がイイ?
1ページ/3ページ

「…きちんと説明して下さい。昨晩はどこに泊まったんです?」

「高松〜何でそんなに恐い顔するの?昨日はずっとキンちゃんと一緒で、お仕事してたんだよ」

「確認しましたが、キンタロー様に覚えはないそうです」

「…僕のこと疑うんだ?高松」

「私はあなたを心配して聞いているんですよ。昨日はどこにいたんですか?私に言えないようなところですか?」

「うーん、そうだね。言えないトコロ」

「ちょっと待ちなさいグンマ様!話はまだ終わってません」

「んもぅ、しつこいと嫌われるよー?」

「それは困りますけど。私はあなたの保護者として―
ってグンマ様!」

「放してよー。キンちゃんと大事な打ち合せがあるんだからっ」

「なら正直に答えてください」

「…うるさいなぁ。僕はもう大人なんだから、プライベートくらいあるの!」

「大人にだって保護者はいます」

「……ウザっ…」

「ちょっと…何ですか!どこでそんなはしたない言葉を覚えてきたんですか!シンタロー様ですか!?そうですね!?」

「あーうるさい。昨日はそのシンちゃんとお酒飲んでました。
…これでいいですか。保護者サン」

「…っ!」

バシン!
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ