◇小説

□二人の世界
1ページ/9ページ

血は鮮やかに紅くて、鉄の味がするらしい。
でも本当は健康に左右される色合いだし、ましてや、おいしくなんて、ない。

ぽたぽたと重力に捉われ落ちる。それはまるきり僕の心。

体を傷つけるから、僕は生命に寄り添っていることを改めて認識し、生きていたいと暗示をかける。
その意志だけは流されているからじゃないって、自分に言い聞かせながら。

僕はそうして生きていきたい。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ