◇小説

□万華鏡
1ページ/4ページ

まだ少年と呼ぶにはあまりにも幼く、愛らしい顔立ちを歓喜でいっぱいにした子供が、黒髪の青年の左手を握りながら町を歩いていく。
青年は暗く微笑み、小股で歩幅を合わす。

お星さまをぜーんぶつかまえて、おうちに持って帰るの!

子供はこれから目にするものに、思いを馳せている。
市街地にあるプラネタリウムが、彼らの今日の目的。

たかまつも手伝ってね?

青年は深く頷き、子供が転倒しないように足元に気を払う。
そうして辿り着いた会館には、残酷な看板が無造作に立てられていた。

『本日休館』

子供は顔を真っ青にして、驚愕した。
ぐしゃぐしゃに顔を歪ませて、泣きじゃくる。
やがて人目が鋭さを増した頃、今まで無言でいた青年は、子供を抱き上げもと来た道をひた戻る。

帰り道できらきら煌めく万華鏡を買い与えると、目を赤くした子供はもう取られまいと急いで飛び付き、小さな両手で筒を握り締めた。

くるくると回せば、変わる世界。
振ってみても、色褪せない世界。
それでも全く同じに変化することはなく。

子供の意志で、過ぎ去る色。
次に待ち受ける色は、一体何色?

ねぇ、たかまつ。この中の青いしかくいのがほしい。

お手を入れても取れませんか?

手がはいらないよ。いれる場所がないよ。

なら、道路に投げ付けてごらんなさい。青だけでなく、総てが飛び散りますよ。

それじゃあ、こわれちゃう。

ですが、ご執着の物が手に入りますよ。

でも、でも…。

欲しいんですか?どうでもいいんですか?どちらです?

子供は青年と万華鏡を見比べ、口を開く。

ぼく、青いのいらない。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ