*学園*

□片想い宣言
1ページ/2ページ

(先輩:木村 視点)


「今夜、消灯の後、中庭で…」

なんて、定番になってる誘い文句を後輩に伝えた。
それだけで意味がわかってもらえるくらい。
だから、この場で断わられても全然かまわなかった。

「わかりました。じゃあ、またあとで…」

そう言って、俺の部屋から出て行く後輩の後ろ姿に、淡い期待を抱いてしまう自分に苦笑する。

わかってる。
わかってる…。

今夜、俺は振られてくる。




「木村先輩」

外灯がぽつんと一つ灯るだけの中庭で、ぼーっと星空を眺めていたら、ようやく待ち人が現れた。

「すいません。遅くなってしまって…」

背の高さは俺と同じくらい。
細そうに見える体は実はかなりの筋肉質だ。
マッサージ…と称して(いや、本当にマッサージなんだけど)触りまくったからよく知ってる。
スポーツ推薦でこの学園に入ってくる奴は多い。この後輩もその一人だ。俺もそう。
爽やかさを絵に描いたような奴、とかって称されるこの後輩は、一緒にグランドを走り回る日々の中で……俺の心を捕えてしまった。

だけど…。

「あの子がなかなか寝なかったのかい?」

気まずそうに、向田は頷いた。

「なかなか勘がいい子だね」

「いや、そういうわけじゃ…」

灯りの下まで近付いてきた向田の顔がはっきりと見えてきた。
いつもにこにこ笑っている顔が、今夜は…こういうの、何て言うんだろう?沈痛な面持ち?…俺のせいであることは確かだ。

「こんなところに呼び出した理由はわかっているだろう?」

向田はじっと俺を見詰めてる。

「いつまでもうだうだやってるのも何だなあって思ってさ。いっそ潔く振られることにしたんだ」

結論から言ってしまった。

「先輩…」

「だって、嫌だろう?こいつ、俺に気があるのかな?なんて警戒し続けるのって。ちゃんと、振られたらさ、俺、すっぱりあきらめるから」

この期に及んで、まだうだうだと本題を切り出せない自分。
覚悟決めてきたんだろう?!
スーハーと数回息を吸い込んだ。

「好きだ。向田」

俯きかけていた向田が、ぱっと顔を上げた。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ