小説

□3
1ページ/7ページ

.

琉亜が移動してきたのは
何処かの屋上だった

少し離れた所に一人の男の人が扉の前に座り込んでいた


…この人が今一番ノイズがうるさい...それに能力の力もまあまあ感じる…


琉「あの…」


トントン


??「ぅわあ!!」


“ポンッ”


??・琉 「「 わぁっ!! 」」


??「また、飛んじゃった…グスッ」


琉「!…移動能力!?…なん…だ…」


??「え!?何で…(わかんの…てか…え?)」



…ん!? この人...えっ!!....うっそ…



琉「…え、 AーACEー の……相羽ちゃん!?」


雅「うん。そうだよ」


琉「……あ…」



…ヤバいよ、あんまり芸能人には興味が無いけど、直に会ったら私だって舞い上がっちゃうよ…



.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ