「うーん…。」



「どうした?」



「あ、虎徹さん!いらっしゃいませー。」



「僕もいますよ。」



「バニーちゃんもいらっしゃーい。
 チーズケーキ、食べる?」



「…僕が毎回チーズケーキ頼むとは」



「食べない?」



「…食べますけど。」



「で、何悩んでたんだ?
 ベルに気付かない程、集中して。」



「…えー?
 あー、新しいレシピ考えてたんですよ。
 秋から初冬にかけての、新メニュー。」



「ああ、なるほどねー。
 それで、何か良いアイディアは出たのか?」



「いいえー、それが全く…。
 ありきたりなものしか思いつかないんですよね。」



「たとえば?」



「マシュマロコーヒーに、苦めのカラメルをたらしてマロンペーストをのせたのとか…。」



「美味しそうですね…。」



「ただ、試飲していないので。
 マロンペーストが舌触り悪くないかなーと、心配だったり。」



「他にはないのか?」



「後は、リキュール使ったコーヒーとかはたくさん思いつくんですけど。」



「たとえば?」



「ホワイトラムを使った、コーヒーアマレットとか。アーモンドも使ってるので、秋味っぽくなっていいかなと。」



「いいなー。
 おじさん、飲んでみたい。」



「ただ、それも…。
 アルコールが入ってしまうので、お仕事されている方にはどうしてもオススメ出来なくて…。メニューに入れていいのか悩む所、なんです。」



「なーるほどねぇー…。」



「そうなんですよー。なかなか、新メニュー考えるのも難しいなーなんて。…はい、バニーちゃん。今日はプルーンのコンフィチュールを添えてみました。」



「あ、ありがとうございます。」



「昨日ね、生の大きなプルーンが手に入ったんだ。すっごい濃厚な香りで気に入ると思うよ。」



「綺麗な色ですね。いただきます。」



「虎徹さんには、スコーンを用意してみました。生クリームとコンフィチュール、片方ずつでも良いしどっちもつけても美味しいですよ。」



「サンキュー!
 相変わらず、美味そうだな。」



「ありがとうございます。
 コーヒーは、お二人ともアメリカンにしてみました。」



「…なぁ、さっきの話だけどよー。
 俺らが新メニュー考えてやろうか?」



「え?本当ですか?助かります!」



「おじさんが?大丈夫ですか、本当に…。」



「そうだなー。マヨ」



「マヨネーズ以外でね、虎徹さん。」



「…マヨッチャウナー、メニューカンガエルノ。」



「何言ってるんですか。」



「じゃあよ!バニーちゃんだったら、何がいいんだよ!」



「…チーズケーキにマロンペーストをかける、とか。」



「お前は、チーズケーキから離れろよ!」



「マロンのアイスとか。」



「それ、もうメニューにあります。
 秋限定のアフォガードで、マロンのアイスを使ってます。」



「マ、マロンの…。」



「栗ばっかかよ。」



「う、うるさいですよ!
 おじさんよりマシだと思いますけど!」



「なんだと!俺、まだ何も言ってねぇよ!」



「じゃあ、何か言ってくださいよ!
 さぁ、今すぐに、どうぞ!」



「ちょっとちょっとちょっと、お二人さん…。本当に、仲良いですねー。さすが、バディ。」



「誰が!」



「仲良くなんてないですよ!」



「…ほら。また声重なってる。羨ましいなー、そんな相棒が近くにいるなんて。」



「だーかーらー!」



「勘違いですよ!」



「はいはい。
 コーヒー冷めちゃいますよ、お二人さん。」
 

The sigh of a cat.





Thank you for your Clap!



.






[TOPへ]
[カスタマイズ]

©フォレストページ