悲観謳

もうすぐ終る



告げられていた

終るはずはない



知っていた

その結末は誰が知る

わけでもなく

人知れず進む

進む

私もその中の

一つに過ぎない

やっと

辿り着いた

ここは

ただの

悲観な物語の続きだった
●夢小説●
思うことすら

重りになって

初期機能は

まるで

役に立たない

生きる意味



決まっている

幸せ

一番楽な生き方

それでも





捨てないのは

捨てたところで

報われないのを

知っているから

知ってしまったから


ブックマーク|教える

訪問者596人目


最終更新日 2010/07/12





©フォレストページ