Starry☆Sky

□蠍座的雨の日の過ごし方
1ページ/1ページ

蠍座的雨の日の過ごし方



▷射場で2人…道着のまま床に座り込み、土砂降りの雨の向こうの的を眺めている。



▷お前は…つまらなそうに的を見つめ、


「まだ練習したかったな」



▷と、つぶやく。



▷犬飼を始め、木ノ瀬や白鳥は、雨による練習の中止で、喜んで帰って行ったというのに…。



(本当に…一生懸命な奴だ。)



▷その一生懸命さには、俺も叶わない…というか……。



▷目を奪われる。



▷眩しくて…透き通っていて…そして…強い。



▷いつからだろうか。



▷お前から、目が離せなくなったのは。



▷恋愛経験が少ない俺にでもわかる…。


▷明らかな恋心だ。


▷でも、こいつの周りには、幼馴染を始め、俺よりももっとお前を喜ばせることのできる男がたくさんいる…。



▷そう思うと…。



▷情けないことに、怖くて自分の気持ちに向き合えない自分がいた。



▷だから…。


▷せめて…雨が止んだらお前の練習に付き合うという名目で、射場で2人…雨が止むのを待っていた。



▷黒く低い雲から、滝のように落ちてくる雨粒を見つめている。



▷こんな天気でも、こうして、お前の横顔を眺めているのは悪くない。



▷…悪くないが、的を見つめるお前の顔が寂しそうで、切なそうで…。



▷そんな顔をさせたくない等と思っていたら…。


▷気が付けば、自分の手の甲でお前の頬に触れていた。



▷不意に向けられるお前の視線に、心臓が跳ね上がる。



▷俺は即座に手を引っ込め、それと同時に、起こしてしまった自分の行動に気付く。


わ…悪い……。



▷お前は不思議そうな顔でおれの顔を覗き込むので…。


▷赤くなった顔を隠すために俺はお前から顔を背けた。



▷すると、お前は俺の手を取り…。



▷俺の手を撫でながら


「練習のし過ぎで手が荒れてるね」


▷と言って撫でる。



▷俺は恥ずかしいのと、緊張するので、耐えられず、手を引こうとするが、意外に強いお前の力で、抑えられてしまう。


▷そして、お前は道着の合わせに手を差し入れると、ハンドクリームを出して、俺の手に塗る…。


「この練習好きな手、私は好きだけど…」


「部の勝利を担う、大切な手だから、大事にしてね。」


▷と、優しく俺の手をさするおまえが…あまりにも愛おしくて…。



▷お前の優しい笑顔が見たくて…。



▷お前の顔がよく見えるように、顔にかかった髪の毛を反対の手でそっと脇に避ける。



▷雨で湿気た空気が少し高めの気温が相なり、お前の顔は、少し汗ばみ、独特の色気を漂わせている。



▷上目遣いで俺の表情を伺い知るお前が俺の理性をかき乱す。



▷息苦しいほどの雨で、俺の思考回路もまともではない。



▷気付けば…。



▷俺はお前の腕を掴み、お前を引き寄せると、






▷おまえの唇に、自分の唇を重ねていた。






▷一度触れてしまうと、もう、自分の欲望を制御することなどできず…。



▷何度も…何度も何度も、お前を求めるようにキスをする…。




▷初めは身を硬くして、自分に起きたことを理解できていなかったお前も…


▷次第に力は和らぎ、俺を受け入れ…時折声を漏らす。


▷その声に反応するかのように、キスは激しくなり…。




▷やっと、唇を離すと…お前は、恥ずかしそうに俯いた。


▷……でも、いつの間にか握っていた俺の道着の袖口を、ぎゅっと握ったまま離すことはなく…。


▷その手は少しだけ震えていた。




すまない…。



▷そう俺がつぶやくと、お前は俯いたまま、首を横に振る。




じゃあ…。

ありがとう…。



▷俺がそう言うと、お前は真っ赤になった顔を上げ、俺に抱きつく。



▷俺はそれを受け止めると、お前の頭を撫でながら耳元で言う。


▷雨でかき消されないようにしっかりとした口調で…。



俺は…おまえが好きだ。



▷お前はその言葉に、俺の肩に顔を押し付けながら、コクリと頷く。


▷お前のその反応があまりにも可愛くて…。


まだ足りない…。


▷俺はまだまだお前にこの気持ちを伝えたいと願い…


▷俺は、抱きついているお前を少しだけ離すと、顎を上げさせ、顔を近づけた。



「誰かに見られるかも。」



▷そう言うお前に、



この雨がすべてを消し去るから問題ない



▷と答え、お前に口づける。



▷そう、この雨で、外に出てる奴なんていない。


▷たとえいたとしても、この雨で、俺たちが何をしているかまでは見えない。



▷おまえが漏らす吐息も、息遣いも…。



▷すべては雨が消し去ってくれる…。



▷俺は、このまましばらく、雨がやまないことを願った。

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ