或る刻の忘却
或る刻は、泡沫に。
萌出るは、朱の景色。

狭間に蠢く、忌むべき記憶。

 さながら血染めの黒のように。

 消えた灯の栄。


ただ、一時の、夢を視よう。

或る刻を忘却して…




†∞†∞†∞†∞†
                      ご来館、ありがとうございます!


ここは灯栄の「或る刻の忘却」です。

まずは“初めに”を見てください。
◇◆初めに◆◇
■□管理者□■
□■掲示板■□
メールボックス
■□すとり□■
〇●突発的●〇






ご来館、誠にありがとうございました。

或る刻を忘却したければ、また、お越しください!


ブックマーク|教える
訪問者1464人目
最終更新日 2011/05/12




©フォレストページ