wonderful!!



君は151595人目






何が起きているの?


なぜ港には海賊が留まってるの?


どうして海兵が街にこんなにたくさんいるの?





私の息子は無事なの!?







「母さんっ!!」


振り返るとあの子が左の小道から血相変えてこちらに走ってくる。良かった!!あの子は無事なのね!!

すると私の傍まで来ようとこちらに向かって走ってくる。ダメよ!こっちは危ない!!


「戻りなさい!!こっちに来ちゃダメよ!!」


あの子は大通りに入ると、逃げ惑う人波に飲まれながら、必死に逆らってこちらへ来ようとしている。それでも徐々に街の奥へ押しやられていく。


「ッくそ!母さん!母さんっ!!」
「いいから!お前は街の奥へお逃げ!!母さんも行くから!!」
「嫌だ!!母さんっ!!」


その直後。一瞬、後ろから凄まじい轟音が私の後ろから鳴り響いた。振り返ると、私の職場である港が破壊され、真っ黒な煙と共に熱風がこちらに流れ込んだ。

それと共に大勢の人はパニックを起こし、悲鳴をけたたましく上げて街の奥へ走り出した。

死の恐怖で一帯が狂気に満ち、赤ん坊を抱く母親や年老いた男性が突き飛ばされていく。私も後ろから押されながらも息子の方へ走り出す。こんな状態だとあの子の方が怪我をしてしまう!!



「母さん!!」


視線を上げると既にあの子が手に届く所まで来ていた。私は自分に伸ばされる大きな手を取った。

(執筆中最新話本文一部抜粋)



4/14 トップ変更
info
main
minimain
mail













R.1PIECE Long Dream



 


ブックマーク|教える
最終更新日 2015/12/17




©フォレストページ