心拍数

□第一話
1ページ/4ページ


僕の心臓は

気まぐれでわがままで自分勝手で

ものすごく意地悪だ。




大切な時に限って

意地悪をしてくる。




小学校の時の運動会。

めったに僕を見てくれない父が、

運動会を見に来てくれた。

徒競走で一番をとる約束だった。

なのに。

発作がおこって、結局、

走れもしなかった。





中学校のサッカー部の試合。

折角、レギュラーになれて、

はじめての大きな大会だったのに

前日に倒れて、出られなかった。






あと、五年。

十年。

生きて居られるかも、わからない。







僕は

自分の心臓が嫌いで

自分が、大嫌いだ。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ