心拍数

□第二話
1ページ/2ページ




それは、昼休みだった。






「ごめん、奈月ちゃんの幼馴染の子だよね。

奈月ちゃんいる?」





「…いますけど…」





急に教室の外から話しかけてきたのは、





あの小林先輩だった。






「あっ、小林先輩♪

待たせちゃいましたか?すみません!」




奈月が、嬉しそうに駆け寄ってくる。





「奈月ちゃん!夕紀でいい、って言ったのに(笑)」





小林先輩は、気さくに話しかける。




これだけみたら、とても良い先輩で、


優しそうに見える。


皆にも好かれてそうな雰囲気だ。





でも。





僕は、一瞬で、この人が嫌いになった。




奈月ちゃん?ふざけんな。




…気持ち悪い。やめろ。




お前が、そんな風によぶな、って。





僕は、奈月の事なんか、

何とも思って居ないはずなんだ。




でも、




こんなにムカついて、




こんなにイラつくのは、何でだろう。




だけどやっぱり、




奈月は…、小林先輩が…







「じゃあ…。 夕紀先輩…?///」





はずかしそうに俯きながら言う姿を見て。




嬉しそうに笑う姿を見て。






ああ、やっぱりこの人には、





敵わないのかなって。





この人に敵わないから、


だから、僕の恋も叶わないんだろう。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ