***
 
…切ない物語だ…

命有るものは
いつかその灯火を消してしまう…

遅かれ早かれ
天寿は全うされるのだ

――それは、分かっている

だが
失うには余りにも早く
得るには余りにも難いではないか

姿は見当たらず、言葉は届かない
灯りは消え去り、声は聴こえない
硬直した身体は、抱擁を受け付けない
名を呼んでも、返事など…返って来ない…

それでも…
叶わない願いだと知りながらも
願わずにはいられないのだ…


『もう一度会いたい…―――』

***



笑忘の皇
6120

最終更新→7/11
〜更新停滞中〜


*
初め

日記

連鎖

伝達



文和部屋www

since-05.7.29








ブックマーク|教える

最終更新日 2010/02/04





©フォレストページ